最近のトラックバック

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

三ツ合鍾乳洞

子どもの夏休み中、最後の週末、早くやっときゃ良いのに「絵日記」がまだ一枚できていないってことで、ネタ作りに鍾乳洞探検に行ってみました。

中央線・青梅線を使って拝島駅へ、五日市線に乗り換え、終着駅の武蔵五日市駅へ。そこから 西東京バス「上養沢」行きに乗り、「三ツ合鍾乳洞入口」で下車。さらにそこから歩いて、三ツ合鍾乳洞へ。

ざっくり我が家から電車1時間半、バス30分、山道20分、計2時間半くらいの道のりです。

鍾乳洞は、個人の裏山に見つかったものを、大人 400円, 中学生 300円, 小学生 200円で公開している感じで、優しそうなお婆ちゃんの住居兼、お菓子などを少し売っている入洞窓口になっている建物の前を通って、お庭を抜けて鍾乳洞入り口って感じ。

当日は、若干小雨で車で来られていた方が2グループ、徒歩はうちだけ。お婆ちゃんに見学料を渡し、建物前の屋根のあるところで、まず持ってきた弁当を開くことに。で、お腹が満たされたところで、いざ鍾乳洞へ。
110827124308s
鍾乳洞は、大きくて有名なところに比べると、こぢんまりとして鍾乳石も土色で、洞窟って感じでしたが、アップダウンが激しく、小さな滝があったりして、子ども的に結構楽しかったようで、空いていたこともあり子どものリクエストで二周してきました。

東京でもこんな緑いっぱいの場所があるんだなぁっと感心しつつ、もう一つの鍾乳洞とか、渓流釣りや温泉とか?また来ても良いかなっと感じた武蔵五日市でした。

ここ最近について

なんなんでしょうね?政治や、経済に関する報道を見ていると、明るい希望や明確な目標がまるでなく、どうでも良い政局や、ただただ漠然とした不安感に追い立てられながらルーチンワークをこなす様なお話ばかりになっているよう感じます。

復興政策、菅さんはやる気ないのかな?個人的に思うに、政治家なんて「人々を魅了する夢を提示し、多数の賛同を得て、夢の実現に向けて旗を振り、支持者に向けて成果をアピール」するのが仕事と思っているのですが、、、菅さん、国民へのアピールを止め、個人的理念や感情で行動、結果について、良いことだけ自分、悪いことは自分は関与せず(そんなことあり得ないはずですが)ってなことばかり。

それを監視しているはずのマスコミも適当で、なんだかなぁって感じです。

被災した方々にとって、今一番欲することって、将来の不安払拭→生活拠点の確保と生活の糧(仕事)の安定ではないでしょうか?そんな訳で、色々問題あるとは思いながら、土地利用を制限する各法律を無効化する特区=まず住居の確保、被災地区限定で失業保険給付期間の1年延長、被災一世帯につき500万円、被災企業に対し1000万円給付で良いと思うのですが、、

電気も、逆に90%までは制限なしとか、なーんか色々考えてよいとおもうんですけどねぇ。。。どうにかなりませんかね?

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

Google AdSense


Google Search

  • Google Search
    カスタム検索
無料ブログはココログ

Google Analytics