最近のトラックバック

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

線量計

Dsc01038c
先日購入した線量計、ガンマ線=電磁波ってことで家電品から出ている電磁波にも反応するかチラッと調べてみました。

PHS、液晶テレビはもちろん、DS、無線LANルーターさらに、ケータイ、電子レンジも反応無し。

だったのですが、、、

昔からよく言われる蛍光灯の点灯管(グロー球)、ホント出ているんですね。
子ども部屋に最近取り付けた直管蛍光灯についていた白いプラスティック製の発光球に、触るくらい距離で計測したらブチブチブチっと凄い反応。カッチ・カッチっと、2秒に一回くらいのペースで点灯を繰り返していたら、、、

最高:6.5マイクロシーベルト/時間

を記録。画面が緑から、黄色、そして赤くなり「デンジャラス」!!っとなってしまいました。

PS:その後、三鷹市内で色々計ってみたのですが、公園、側溝、高い場所、低い場所、色々ばらつきましたが、まぁまぁ年間1ミリシーベルト強ってとこで、正常値でした。

三鷹の線量

子持ちだとやっぱり気になる放射線。自分が住んでいる辺りは、気にするほどではないと知りつつ、興味本位で線量計、いわゆるガイガーカウンターをヤフオクで購入してみました。

色々あったのですが、中国製は怪しいと聞いたので、次に一番安かったロシア機SOEKS-01旧型(旧式は中国部品を使っている?今は新型M)

昨日届き、さっそく動かしたところ

0.21マイクロシーベルト/時間
0.09マイクロシーベルト/時間
0.21マイクロシーベルト/時間
0.14マイクロシーベルト/時間
0.14マイクロシーベルト/時間

平均0.158×24×365/1000=1.384ミリシーベルト/年
三鷹市牟礼の公園にて計測

まぁ、正常値って感じですかね。コバルト校正の機器なので、セシウムでは高目に表示される、実際には×0.8くらいに考えてもOKなんて話しもあるようですね。

結構、ブレがあってシュレディンガーの猫?って気分になりました。

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

Google AdSense


Google Search

  • Google Search
    カスタム検索
無料ブログはココログ

Google Analytics