最近のトラックバック

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

新人の C言語教育でKNOPPIX 2

前回からの続きです。

そんなこんなで一週間ほど研修した結果ですが、、、よく判りませんでした(笑

いえ、彼らが理解できないというわけではなく、自分が彼らのことがね。よく判りませんでした。

時代なんですかね。ダウンロード/アップロード、アドレス、インストール、ネット、ホストなど、英語由来の基礎的な用語は日常会話レベル、こちらの説明や話をよく聞いて、課題も初心者なりに苦労しながらこなしてくれたのですが、、、

説明のあと、判らない点、疑問に感じる点など聞いてもニッコリ笑って質問無し。課題を与えて、自分がいないと出来た子の解答をみんなでコピー、自分が横にいると、こちらの顔色伺いながらAがダメならB、それがダメならC,D,E、それでもダメならギブアップ。それでもこちらに聞くわけでもなく、ネットを延々と調べたり、参考書やノートを行ったり来たり、自分はちゃんとやっているとだけアピールし、なかには何もアピールできない子は、睨みながら涙を流す始末。 で、ほとんど答えに近いヒントを与え、気づかせて答えへ導くと、まだ出来ない子へ情報共有っと、なーんか順を追って考えていない感じ。。。。

で、「コレがこうだから、次のはこうだよねぉ?」っと、順を追って長めに説明していくと、途中でウザくなっちゃうのか、愛想笑いも消え「ハイハイ」と空返事。自分の説明下手ってこともあるんだろうけど、、、ゆとりの子は、コミュニケーション能力に欠けるとどこかのニュースで言ってた通りだなっと実感しました。、

疲れた疲れた。。。もうコリゴリです(笑

新人のC言語教育でKNOPPIX

仕事で、今年入りたて新人社員にC言語を教えていました。

自分の年齢の半分くらいの歳、激しいジェネレーションギャップを感じつつ、これが「フルゆとり教育」ってところを実感させられ、さらに今回の新人さんは理系大学以外からの入社ってことで、うちの子どもと会話するような話し方で、技術の話をしなきゃならない状況。ひどく疲れました。

教育用の環境ですが、普段開発に使っている環境は顧客環境と直結と言うことで使えず、かといって初心者にプログラムのさわりを教えることだけに、VC++とか入れるのもどうかと言うことで、色々考えた末に、1CDLinuxを試してみました。

で、メジャーな「KNOPPIX」にチャレンジ。最初、6.2のDVD版を試したのですが、軽量デスクトップマネージャLXDEや、プログラムの起動を高速化する「LCAT(Live CD Acceleration Toolkit)」などのせいか、軽いOSに感じたり、見た目も無駄に派手で面白かったのですが、簡易サーバー機として使うための情報が意外なくらいに少なく、5.1.1だったかな?を使うことに。

で、起動後、サーバー機が側は

メニューのKNOPPIX>netwark設定で、network cardの設定を選択し、IPアドレスを固定に。

メニューのKNOPPIX>サービス、SSHサービスstartを選び、SSHサービス開始(その時のパスはknoppixに)

の二つの設定をし終了

クライアント機で、設定した上記IPアドレスで、ssh(tera term)と、sftpでアクセス(ともにアカウントknoppix、パスワードknoppix)できることを確認し、ホーム直下のDesktopに、生徒となる新人さん個々の名前のディレクトリを作り、そこで作業して貰うことにしました。

・全般コンピュータ、UNIX/LinuxとDOS/Windowsの話、サーバーとクライアント、低級/高級言語でC言語の話、現在のプログラム(構造化、多人数でのプログラム)の潮流などの概論

・サーバー機に入ってのプログラムする環境の整備(クライアント側のteraterm、SFTPクライアント、テキストエディタをダウンロード)、コマンドラインでの操作(cd,ls/dir,mv/moveなど)の説明

・まずはコンパイルの手順 コーディング(stdio.hをインクルード、pinrtf)、sftpでファイル転送、teratermでログインし、cc、a.outの実行

・C言語1(int/char、scanf、配列、for文、if文、標準関数の話)

・C言語2(アドレス、ポインタ変数、ポインタの配列、構造体、構造体のポインタ)

・C言語3(ファイルの入出力)

といった感じで教えてみました。結果については、次回。

発育障害

 自分、聴覚検査など問題なく耳は普通に聞こえるのですが、子供のころ、同級生がざわめく中の先生の声や、満員電車内の社内アナウンスなど、特定の声だけを聞き分ける能力に劣っていたように思うのですが、最近、うちの子供にも似たような症状があるのかな?っと感じることが、しばしばあります。

 たとえば、テレビ番組をジッと見ており、絵には集中しているけど、いろいろな音が聞こえる中、ナレーションが言っている話を理解しておらず、「これどこ?」とか「これは何?」と聞くことがたまにあります。年齢的にそんなものなのかなぁ?ただ単に落ち着きがない、自己中心的で集中力に欠けるって性格的なものもあるんでしょうけど、、、昔の自分と照らすと、聞き分けがしにくいのかな?とも思います。

 自分と同様であれば年齢を重ねることで、改善していくはずで、これによって病院に連れていくとか考えていないのですが、これも発育障害の一つなんですかねぇ?


 これとは別に、激しい「発育障害」を感じることが今年の春ありました。

 ちょうど一年前、自分が勤めていた会社で「希望退職」があり将来性に疑問を持つように、もともと昔からのコネや技術力などで成り立っていた会社でしたが、技術者の大量流出。その後も特に営業力を強化する訳でもなく、社内の雰囲気は変わることなく、仕事の減少、指名休業実施、その割には、社長のお友達の幹部は、まったく期待できない新事業を立ち上げさらなる赤を作り、社長自身、事務所費を減らすなどの根本的な対策にも消極的。。。て感じで、転職を決意しました。

 そこで、社長と総務部長?が笑える笑える。「自分の非は認めない」「問題はすべて他人の責任」「問題の矮小化&先送り」「問題点と改善点を指摘しても、目をつぶる」「あげく『君のメールは読みたくないんだよね』と」「一対一で話すと『ボクは知らない』『仕方がなかった、誰の責任でもない』とモゴモゴ言葉を濁す」「けど、二人がタッグを組むとカッコつけるのか声だけあらげる」と続き、退職決定後も、その性格のまま「退職手続きの引き伸ばし」「謝罪文を書くことを強制」「退職金支払いも引き伸ばし」と嫌がらせを受けるのですが、、、

 体は老人で心は小学生のようで、これは重度の発育障害だっと感じるように。。。さすがにここまで来ると、どうしようもないですよねぇ。。。(笑)

テレビチューナー付モニタ


北海道・沖縄・九州・四国・離島の場合は別途3000円送料が掛かります!】【修理対応は♪宅急便...
 正月に行った模様替えで、リビングにパソコン、リビング横の和室にテレビを置いたため、朝食を食べるリビングにテレビがなく、テレビチューナー付きパソコンモニターで朝の天気予報などを見ることが増えました。

これまで三菱MDT152Rを使っていたのですが、1年前の引越時の揺れでおかしくなっていたのかな?テレビ、ビデオの再生がだんだん酷くなってきており、来年には地デジへ完全移行で、アナログテレビを直すのもどうかと考え、後継機を考えています。

お値段的には、楽天で見つけた18.5inchのモニタ、性能的には同じ三菱のMDT221WTF(BK)、値段と性能で間を取るとI-OデータのLCD-DTV222XBRあたりでしょうか?

MDT221WTFを見ていると、近所の量販店では6万数千円。ネット上で見る限り、春には5万を切る店もあったのですが、3月に再度見ると6万切るのがやっとの感じ。最近見たら、再び5万を切りそうなんですが、これからまた下がるのかな、、、どうしようかなと悩んでいます。

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

Google AdSense


Google Search

  • Google Search
    カスタム検索
無料ブログはココログ

Google Analytics