最近のトラックバック

« 2008年2月 | トップページ | 2009年6月 »

検索サイトの扱い

ここのページって、数年間休止していたせいでしょうかね?GoogleさんやYahoo!さんといった検索サイトに相手にされていないようです。

通常ブログ検索ですと、更新していることを知らせるPingを飛ばしてインデックスしていただく方法があるのですが、Google対して実施するも反応無し。Yahoo!に対して実施するとインデックスしてくれているようですが、Yahoo!独自のサイトスコアなるものが最低ランクに格付けされているようで、Y!ブログ検索のデフォルト設定「スコア中」では表示されません。

その後、GoogleのWebmaster Toolsで、sitemap登録とVerifyを実行。検索結果には大きな変化無し。。。

スコアや評価を戻すより新たなページを作ったほうが早いんでしょうけど、、、まぁ商業サイトではないので、このまま評価が上げられるのか?試みてみます。

ベランダでダンボール・ジャガイモ栽培3

新居のせいでしょうか?今年に限ったことなのか?ベランダに強い風が吹いており、干した洗濯物が飛ばされることがしばしばですが、ダンボールのお陰ですかね?ジャガイモは風に飛ばされることなくスクスク育っています。
Imgp3717c
前回から10日ほど経過した今朝の状況です。前回、何処行ったんだろう?と書いたもう一つの種芋から、小さいのですが芽が出ていることが判りますでしょうか?自分が期待していた芽の他に、小さなモノが2つ。芽かきとかしたほうが良いのかな?あとは、近所の100円ショップで購入した培養土2袋分を入れ、さらに家にあった「油かす」の肥料を入れているので、土の表面が以前より高くなっています。

元々で遅れているので、若干あきらめ気味ですが、はてさてどうなるやら。日々の水やりが楽しみになっています。

マイクロトマトを植えてみる

ベランダ菜園の続きです。

週末、保育園父母会の帰りに、小雨だったのですが散歩がてら家族で近所を散策。JA支店を見つけ入ってみました。あいにくの天気だというのに、中は、栽培農家のおじいちゃん?と、我々同様、花や木・野菜の苗などを物色しているお客さんで、それなりの賑わい。

生産者の名前が書かれた綺麗な花や木、トマトやナスなど身近な野菜の苗、その他もろもろ家庭菜園マニアには垂涎の場所でしたが、子供的にも好きな野菜の元を見て、それなりに楽しんでいるのかな?

てな感じで、小一時間見て、ロベリア(花)一株、マイクロトマト、おくら(子供一番の推薦)の株を購入。春頑張ってくれたハルジオン、レタスの代わりに、プランターの一員になって貰いました。夏が楽しみです。

全然関係ないのですが、AMAZONでも野菜の苗なんて扱っているんですね。

盧武鉉さんが投身自殺したようですね

韓国の前大統領・盧武鉉(ノ・ムヒョン)さん(62)が、自宅近くの山から転落死したようですね。家族に当てた遺書など残っており、自殺と見られているようです。

ノムヒョンさんと言えば、高校卒業後、人権派弁護士として活躍し、政界に転身し一気に大統領に。大統領就任当初は、「未来志向の日韓関係」「日韓シャトル外交」と、日本との関係強化を打ち出しますが、歴史問題などに関しては「我々から謝罪を求めない」と暗に日本からの謝罪を要求。それに対し、動かない小泉政権、国内の政府批判、反日気運などに乗り、対日強硬路線に方向転換。

その後は、首相の靖国参拝、歴史教科書、竹島問題などを政治話題にし、今の韓国反日を助長することに。北朝鮮に対しては、北朝鮮に見返りを強く要求せず、援助・支援を行う太陽政策を実施し、日本の対北政策・北朝鮮制裁などを台無しにしていました。

個人的には、大統領に就任してから目を二重にする手術を行ったり、米ブッシュ大統領(当時)に「日本が言うことを聞いてくれない」「私が習った歴史と、日本が主張する歴史は違う」などと愚痴ったり、政権末期には支持率が20%程になり「辞める」と啖呵切ってみたかと思えば「できない」と答えてみたりと、大統領退任後、大統領時代の資料持ち出しが話題になったり、地元の観光スポットのようになってみたりと。。。憎たらしいけどとても面白い方でした。

自殺は、在任中に有力後援者から約6億円の不正資金を供与された疑惑で、捜査のメスがご本人にまで届いており、元々弁護士で国内的にクリーンを売りにしていただけに、これ以上の汚名を背負うことが耐えられなかったのでは?などと見られ、捜査はこれにて終了になる模様。

遺書には

 とても多くの人々に面倒をかけた。私のせいで人々が受けた苦痛はあまりに大きく、今後受けるであろう苦しみもはかりしれない。余生も、他人に負担をかけざるを得ない。体調が悪く、何もできない。本を読むことも、ものを書くこともできない。
 あまり悲しまないでほしい。生と死はどちらも自然の一端ではないか。気の毒だと思わないでほしい。誰も恨まないでほしい。運命だ。
 火葬してほしい。そして家の近くに、とても小さな碑をひとつだけ残してほしい。ずっと考えてきたことだ。

などと書かれていたそうですが、、、「今後受けるであろう苦しみ」とは自分の苦しみなのか、人々の苦しみなのか???厳しいですが、安易な道を選んだようですね。

ふと思う地域差について

春に、以前住んでいた中野区から、現在の場所に越してきたのですが、同じ都内のはずなんですが、地域差ってあるモノですね。

引越しの最大の要因「中野区では子育てが難しい」ということで、ここに住むことを決定するに辺り、自治体の保育園や小学校に関する行政・担当者のお話・将来的な計画などを調べており、その点に関しては満足しているのですが、こちらは子供の数が多いせいでしょうか?子供に対する医師の対応が素っ気ない感じがして、不満とは言わないのですが、違和感を感じています。

中野区の子育て行政は、「区民目線」というものがなく、かなり苦労しましたが、逆に子供が少ないせいでしょうか?我が家が子供の関係で利用した病院のほとんど(*)は、少しでも子供とコミュニケーションを取ろうとする姿があり、完全ではないもののインフォームド・コンセントの考えを実践しているように見えました。

(*)年配の女性が院長をしている眼科病院で、年配特有のゆったりペースで診察し、すぐに飽きる子供に「もう診察できない、また来週来てくれ」と二ヶ月ほど時間をかけ、あげく「子供が集中しないのは見えていないせいでは?」「診断から数日経つが不安になったので、自分の息子がやっている大病院に行ってくれ」と、ご本人はいたって真面目だと思うのですが、子供の診察には不向きなところが一院だけ。

それに比べ現在の場所は「住民の声を尊重」。保育の質が安定している「公立保育園」、小学校が近所に複数アリ、保育園・小学校に関し統廃合計画はなく、保育園は公設民営園を逆に増やしているっと行政的にはかなり満足なんですが、4院ほど利用した限り、各病院での問診の雰囲気は共通して、子供とのコミュニケーション薄っ!! 機械的・高圧的・少し前っぽい感じを受けました。

これって地域差なのかな?中野区の病院は、数少ない「少子化の利点」なのかな?なんて感じました。

中野区の行政については、また機会があれば。でわ

ベランダでダンボール・ジャガイモ栽培2

ジャガイモ栽培初挑戦について備忘録としてブログに書いてみたのですが、一通り書き終えてから、「あまりにも適当すぎはしないか?」と一抹の不安を覚え、今頃(^^;ネットで調べてみました。

まず植える時期、2~3月か8月後半が良いそうですね。植えて3ヶ月程で収穫。芽の生え方を見ていると、いつでも良さそうな感じですが、芋の成熟期に寒くても暑くても身が育たないそうで、そのあたりに17度前後になる上記の時期が良いそうです。で、今回の自分の所は2ヶ月遅れ(^^;;の4月後半; 3ヶ月後というと夏真っ盛りに突入する感じで、失敗しましたかねぇ。。。風通しの良い場所で涼しくしておきましょうか。

次に植えた種芋。切った部分から腐ってしまうケースが多いそうで、小ぶりのジャガイモを丸々種芋にしてしまうか、芽が生えた部分を切って使う場合、切った部分に墨汁を塗るか、切った部分を数日乾かすのが良いそうです。といったところが市販品の種芋だと上手に処理されていて、食用ジャガイモからの転用は病気に弱いって話しになっているんですかね?

植え方は、偶然ですが良い感じだったみたい。最初は薄く土をかけるくらいにしておいて、伸びたら適宜、土寄せ(ダンボール箱だと寄せられないので、土の追加)&追肥して、茎の付け根を埋めて先端部を伸ばす感じにすると良いようですね。

といった感じで、半月ほど経過した結果が次のような感じ。立派に伸びているのが判りますかねぇ?ただ、二つ植えたはずなんですよねぇ。。。もう一つのお芋サンはどうしちゃったんだろ。。。
Imgp3706c

ベランダでダンボール・ジャガイモ栽培

ふと、マンションのベランダでジャガイモを栽培するといった記事を見かけ、自分もやってみよう!!っと。軽い思いつきなので、初期投資は極力抑えた形で始めてみました。なにぶん初めてで上手くできるのかな?

4月後半
まずプランター、手持ちに良いモノがなかったのですが、凄い強風が吹かない限り雨があたらないベランダなので、お手軽に「ダンボール」でも出来るかな?と、ダンボール箱の長い辺がタテになるよう切り貼りし、ゴミ袋を中に敷しいて完成。

中に入れいる土。幸い?植木鉢などのために持っていた「黒土」「腐葉土」「鶏糞」などがあったので、かなり適当に混ぜて、それで用意。

で主人公のジャガイモ。田舎の母親や知人に聞くと、食用のジャガイモは病気になりやすく、市販の種芋なるものがお奨めらしい(種芋には薬で何らかの処理されている?)。とは言え、ダンボール1箱、植えられるのは1ないし2個ほどのために、何十個も買っていられないので、食用のジャガイモで用意することに。クリームシチュー作成時、かなり大きめに切りとったジャガイモの芽の部分を、皿で数日水に浸し根が伸びてきたのを見計らって、準備完了。

最期に埋め方、これもほんと適当ですが備忘録に。まず深さ15センチ程度に土をいれ、その上に種芋を載せ、また5センチ程度土をかけて、種芋を埋めました。といった感じで、下のような状態に。はてさてどうなることやら。。。
Imgp3707c

« 2008年2月 | トップページ | 2009年6月 »

Google AdSense


Google Search

  • Google Search
    カスタム検索
無料ブログはココログ

Google Analytics