最近のトラックバック

« ウリナラヘッドライン:2005年04月第3週分 | トップページ | 韓国が歴史教科書に書かないこと »

中国が歴史教科書に書かないこと

 最近の中国反日デモ関連のニュースで、中国の一般市民が「日本人は、南京大虐殺で30万人もの罪無き中国人を殺した」「殴った拳の痛みはすぐ忘れるけれど、殴られた頬の痛みを忘れることは出来ない」的なことを口にしていました。自分の友人(上海出身の在日中国人)らに聞いても「南京事件についてはよく教育されている」「全ての問題の原因は日本にあり、日本は謝罪を拒んでいると教えられている」「天安門事件については社会的にタブー視されており、中国共産党はその歴史を消そうとしている」だそうで、反日教育の根強さが伺えます。


 2005/04/18、CNN Japanの記事に「中国の歴史教科書が書かないこと」という記事がありました。日本人の感覚として「他人の過去の恥部をあげつらうのは悪趣味」的なところがあり、歴史教育で取り上げられることがないのですが、彼らがしたことを知らずに一方的に「お前らが悪い」と言われまくると、簡単に「申し訳ない。返す言葉も無い」「我々の謝罪が足りなかった」「日本にのみ非があるのに、謝罪を拒むのは極右的でみっともない」と言ってしまいがちに、また、中韓の場合「真実でも表に出なければ無かったことに」といった雰囲気があるようで。。。

 お互い過去の非の認めつつ未来志向の関係作り(「お前らがコレやったから俺達は悪くない」ではなく「自分らの非は認めるが、お互い様でしょ?そんなに根に持たないで」)のためには、やっぱ知識として持っておくべきかなっと。ってな訳で、チト調べてみました。

 http://www.cnn.co.jp/world/CNN200504180011.html
 http://edition.cnn.com/2005/WORLD/asiapcf/04/13/china.japan.ap/
 http://kobachan.exblog.jp/1497575

【民主化運動の弾圧および虐殺行為の隠蔽】
・1989年「天安門事件」(別名:第二次天安門事件,六四事件,血の日曜日事件)
 1989/06/04、胡耀邦(こようほう)元総書記の死をきっかけに、民主化を要求し北京の天安門前広場で座り込みをしていた学生・市民に対し、中国共産党は人民解放軍を投入し弾圧、座り込みを行う学生らに発砲し流血騒動となった事件。西側マスコミ的には、北京で約1万人、北京以外で約2万人が殺害されたとなっていますが、中国政府は天安門前での死者ナシ、一連の事件で約300人の死者としており、中国教科書では「資本主義的自由思想に毒されて、共産党政権の転覆を図った人間が扇動した」とし虐殺行為については触れていないようです。


【中国共産党侵略史の隠蔽】
・1979年「ベトナム侵攻」-別名:中越戦争、1979/02/17トウ小平(とうしょうへい)がベ侵攻を指令。ベ戦争で米軍と戦った経験のあるベ軍に1ヶ月で追い出される。ベ人民の被害約1万、ベ外相が謝罪を求めるも「未来志向」を理由に拒否(参考)

・1962年「中印国境紛争」-チベット関連でギクシャクしていた中印。1959年、国境線を不服とし人民解放軍がインド侵攻を開始。3年間断続的に行われた武力衝突は中国圧勝で終結。その後もモメ続け2005/04ようやく歴史的調印(参考)

・1959年「チベット動乱」-1951年、強力な軍事力を背景に強制的にチベット併合。寺院や経典の破壊など強引な民主改革を実行。1959年、チベット人の怒りが頂点に達し動乱が起きるが武力で鎮圧。(参考)

・1949年「金門島へ侵攻」-1949年、蒋介石が逃げ込んだ台湾侵攻への足がかりとして、金門島(大陸と2キロしか離れていない台湾が実効支配する島)への上陸開始。約千隻の漁船を使い約1万人の人海戦術を展開するも、兵力約5万+米製M5A1軽戦車+海岸陣地の国民党軍に反撃され丸2日で撤退。1958年にも砲撃し以降30年間緊張状態に(参考)

これらの侵略行為について、中国教科書ではほとんど触れておらず、「平和を愛する中国人民解放軍は自衛戦しかしたことがありません」などと書いているようです。

【中国共産党万歳!!史への変更】
・1958~61年「大躍進政策の失敗」-当時世界2位だった英国を追い抜くと、毛沢東政権が導入した農工業の大増産政策。無茶苦茶な増産計画&施策に、折からの天災も加わり、経済の混乱と大量の餓死者を出す結果に。中国国内で2000~5000万人が餓死したとされていますが、中国教科書では触れてない模様。(参考)

・1950年「北朝鮮南進」-北朝鮮=金日成(きむいるそん)の南側侵攻で始まり、中国は消極的ながら北朝鮮に手を貸したとされている朝鮮戦争ですが、中国教科書では、友好国・北朝鮮の愚行には触れず「内戦勃発→米軍が中国領土へ侵略を図ったため自衛のため介入」と記述。(参考)

・1945年「WWII日本軍敗北」-最終的に、米軍の2発の核(+ソ連参戦の衝撃)で負けたということは、日本人なら疑いのないところと思いますが、中国教科書では「共産党の強力なリーダーシップにより、中国共産党軍が日本軍を敗北させた」となっている模様(参考)

【中国人による非人道的事件の隠蔽】
・1937年「通州事件」-1937/07/29、北京の東・通州で起きた傀儡政府(中国人部隊)による日本軍部隊・特務機関に対する襲撃と、それに続いて行われた日本人居留民(およそ半数は、当時日本国籍だった朝鮮人)に対する虐殺事件。南京事件で言われる「殺戮,略奪,放火」など比較ならないほど凄惨な事件。。。死亡者の詳細な数、事件の引き金などに諸説あるようですが、事件自体に疑問は無い模様。中国教科書では(多分、日本でも)ノータッチ。
(Wikipedia),(あやしい調査団),(通州事件の引き金)

・1928年「済南事件」-1928/05/03、蒋介石の北伐軍が日本軍の警備が薄くなった日本軍の占領地・済何を占領、それに続いて行われた居留民(大半は、当時日本国籍だった朝鮮人)に対する虐殺事件。一般的な日本人居留民とは異なる十数名(当時の朝日新聞伝などでは、邦人約280名など)が、中国人兵or現地中国人に見るも無残に虐殺されたとされている。原因,中国兵or現地人の犯行?,被害者数(誇張表現が多い)などに諸説あるようですが、虐殺行為があったことに疑問は無い模様。
(Wikipedia),(済南事件),(南京事件・小さな資料集・ 済南事件)

で、CNNの記事では「中国による歴史の改ざんは共産党体制の維持が目的のようだ」「(中国にとって)過去を認めないのは、計算された政策だ」とまとめています。とは言うものの、いくらアドレスマスクして言論統制しようとしても抜け道はたくさんあるネット時代ですからねぇ。。。人民が真実に触れた時、どうなるんでしょ???第三次天安門事件?共産党員虐殺事件?が起こるのではっと懸念してしまいます。

« ウリナラヘッドライン:2005年04月第3週分 | トップページ | 韓国が歴史教科書に書かないこと »

特定アジア」カテゴリの記事

コメント

日本の教科書は、歴史を捏造しているのか?


http://www13.ocn.ne.jp/~autofilm/cn.swf


日本語・英語 対応

適応症状:朝鮮人や支那人にだまされてる、外国人(主として英語圏)に向けて又は、低脳症の左翼や池沼以下の地球市民などによって洗脳されてしまった人用

用  法:一日に朝・昼・晩、食前・食中・食後、又はおやつに

用  量:洗脳が解けるまで、いくらでも(笑)

使用上の注意:まれに拒否症状を示す人がいますが、完治するまで何度でも使って大丈夫です、まれに内容を改変する人がいますが、JISマークを確かめて、安全を確保してください(自己責任です)
       
       また何度使用しても改善が認められないときは、精神科の専門家ご相談ください

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63460/3802775

この記事へのトラックバック一覧です: 中国が歴史教科書に書かないこと:

« ウリナラヘッドライン:2005年04月第3週分 | トップページ | 韓国が歴史教科書に書かないこと »

Google AdSense


Google Search

  • Google Search
    カスタム検索
無料ブログはココログ

Google Analytics